インナードライ肌のケアに必要な2つのこと

インナードライ肌とは、肌表面は油分が多くテカっていて、一見するとオイリー肌のように見えるのですが、実は肌の内側は水分が足りていない砂漠のような状態の肌のことです。
つまり、肌の内側の水分が極端に少ないため、それを補おうと代わりに油分が過剰に分泌されている、水分と油分のバランスがとても悪い状態なのです。
若い頃オイリー肌だった人がずっと同じケアを続けていると、大人になった時になりやすい肌質でもあります。

 

そんなインナードライ肌は、ケアの仕方がとても厄介。
ここでは、インナードライ肌を改善してノーマル肌に近づける2つの方法をご紹介します。

 

まず1つ目は、洗い過ぎないこと。
肌表面がてかっているため、皮脂を綺麗に洗い流そうと洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使いがちですが、逆効果になることもあります。
必要な潤いまでも落として余計にインナードライが進む可能性があるのです。また、洗う時にはぬるま湯で洗うことが鉄則です。

 

2つ目は、しっかり保湿をして水分を逃さないようにすること。
インナードライ肌は肌内側の水分が足りていないため、まずはしっかりと水分補給をする必要があります。
加えて、その水分を逃さないようにクリームや乳液でしっかり蓋をすることがとても大切。

 

この2つを徹底するだけで、乾燥からくるてかりも改善されてノーマル肌に近づくでしょう。