驀仙坊、中目黒にある落ち着いた雰囲気の蕎麦店

店名:驀仙坊
住所:東京都目黒区青葉台1-22-5
電話:03-3792-8823

驀仙坊は中目黒の駅から徒歩で行ける、目黒川近くのお蕎麦屋さん。
木の看板と暖簾で雰囲気のある落ち着いた外観が、いかにも美味しい蕎麦屋という佇まい。

驀仙坊の中に入ると1フロアで、古い家具など調度品も落ち着いて配置されており、統一感のある店内です。
テキパキして丁寧な女性の店員さんが感じがフロアを切り盛りしていて、感じがよいです。

驀仙坊の蕎麦は「夢呆」という、ゴマと細く切った大根とともに蕎麦を味わうメニュー(1000円程度)を注文しました。
蕎麦自体も上品で香りも良いし、大根と一緒に味わうことで、歯応えがシャキっとしていて清涼感があり、美味しかったです。

お蕎麦の量は、ちょっと少なめかなと思います。
つゆもコクがあり、蕎麦湯も飲みきってしまいました。

私の連れが頼んだ「天せいろ」(1900円程度)は、揚げたてサクサクの天ぷらが美味しかったそうで、こちらはボリューム感も良い感じでした。
驀仙坊の店内をみると、客層は、30~50代の落ち着いた大人の方が多く、1~2人の少人数の利用客が多かったです。

地元の方に愛されていて、通いたくなるようなお店なのだろうなと思いました。
ガッツリ食べたい時というよりも、驀仙坊は上品な味を適度な量たのしみたいときにぴったりなお店だと思います。