自己破産した人その後の生活ブログ

手続きをする時は弁護士と相談して流れを決め、借金を減らすことを安易に考えると失敗をする場合も多く注意が必要です。
借金問題は今後の人生に多大な影響を与えるため注意が必要で、自分に適した解決方法を探して今後の人生に活かせるように考えることが求められます。

自己破産した人は借金がなくなるメリットがあるため、効果が高いと思われがちですが、デメリットもあります。
新たに借金ができなくなり、所有不動産や車などの財産を没収されることになります。
弁護士費用も必要なので、事前に相談をしてから判断をすることが大事です。

借金問題を解決する方法は人それぞれですが、安易に考えると後悔をすることになります。
自己破産した人その後の生活を改善するきっかけになるようにする必要があります。

自己破産申請には様々な書類が必要なことや、弁護士だけではなく裁判所費用がかかることを認識し、その後の人生を考えてから判断することが大事です。

借金は金額が増えすぎると返済ができなくなるため、自分に適した解決方法を探し、疑問点があれば弁護士に相談することを心がける必要があります。

自己破産した人その後の生活としては、借金返済から解放されます。
しかし所有する財産を失うことや信用情報機関に記録され信用状況が低くなることを認識して、対処方法を決めるのが望ましいでしょう。

参考:自己破産後

自己破産した人その後の生活で残せる現金は?

借入をしていてなんとか返済をしようとしているのだけど、返せる当てがない。
もしくは返せそうにないというケースでは、借金を帳消しにできる自己破産をするという選択肢もあります。
免責は簡単に認められるわけではありません。

借金を作って、それがどうしても自力では解決できそうにない場合には債務から逃れるために行うことができます。
基本的に、持っている財産などのうち、大部分は返済に充当するために持っていかれてしまうでしょう。

自己破産した人は、生活に必要なものは処分はされませんが、できるだけ返済に充てるために、持っているもの中で処分の対象になってしまうものは手放さないといけないのです。

ただ、意外にも現金はある程度持っていて大丈夫なのです。
現金は99万円までOKとされています。

ただ、これは現金99万円であって、預貯金ではないということです。
預貯金は20万円を越えると、全額持って行かれてしまうのです。

現金が99万円認められている理由としては、自己破産した人がその後の生活に困らないように、当分の間を凌げる金額は許されるという意味合いです。

ということで、割と多くの金額を持つことが許されているのです。
だからといって自己破産した人のデメリットは小さくありません。

借金をするのは仕方ない部分もありますが、返済できる範囲で借入する必要があります。
そこを事前に考えてお金を借りるようにすると、破綻は避けられる可能性が高いです。

自己破産した人その後の生活、免責後の借金

何とか免責が下りることとなり、長年の借金生活から解放されることとなりましたが、自己破産した人のその後の生活についてもいくつかの心配点がありました。

個人的に心配だったのは、クレジットカードが利用できないことによる不便な生活、また、闇金融からのDMが急増する可能性があるということなどでした。
自己破産のメリットに比べれば、取るに足らない問題でもあるのですが、できることなら何とかしたいものです。

結論から言うと、私の場合には、首都圏在住ですが、闇金からのDMはほとんど来ていません。
これは、恐らく個人差やエリアにより異なるのでしょう。
弁護士さんのお話でも、以前は多かったが最近はあまり聞かなくなったということでした。

また、自己破産した人はクレジットカードが利用できないという点ですが、ネット社会なのでさぞかし不便かと思っていました。
最近は、クレジットカード会社のデビットカードが提供されています。

ETCカード以外であれば、ほとんどこれで対応できているというところです。
ポイント付与率の高いものもありますし、利便性も非常に高く助かっています。

ちなみに、ETCカードもたまに利用するのですが、これは、以前から家内名義のものを利用していましたので問題ありませんでした。
ETCカードの場合には、本人名義でなくてもわかりませんので、自己破産した人のその後の生活を送るのに有難いです。