堀切菖蒲園の哈爾濱餃子は本場中国の味を手軽に楽しめる

京成本線「堀切菖蒲園」駅を出て、菖蒲園に向かうプロムナードと広い通りの角に、中華風餃子の有名店「哈爾濱餃子」の独立店舗が建っています。

通りに面した側がお店の引き戸になっていて、開けるとすぐわずかなカウンター席があるだけの店内です。
通りのちょうど反対側に、喫茶「コロラド堀切菖蒲園店」が面している、面白いロケーションです。

また、プロムナードに面しては、お持ち帰り専用の窓口が付けられているのですが、どちらかというと哈爾濱餃子の店内のカウンター席よりこっちの方がいつも賑わっていて、必ずお客さんが並んでいます。

行列を作ってまで並ぶお客さんのお目当ては、「トマト水餃子」「トマト餃子」です。
哈爾濱餃子に行くならまず、この2点をお勧めします。

中華風の食べ物には、トマトを茹でて使うことが多いので、特に珍しくないかもしれませんが、哈爾濱餃子は茹で加減が絶妙です。

それもそのはず、70代くらいになられたご主人奥さんとも中国出身で、今も定期的に郷帰りをされるほど中国に思い入れの深い方々なので、本場中国の味を堀切にいながらにして楽しめる、ありがたいお店です。

店名:哈爾濱餃子(ハルピンギョウザ)
住所:東京都葛飾区堀切3-7-17
電話:03-3692-9369